美革ストレートとカラーのリタッチ

約半年ぶりの縮毛矯正(美革ストレート)です

この一年程は美革ストレートをさせていただいています。髪の半分くらいは以前の縮毛矯正が残っていて、まだまだ完全には自然なストレートになれていません。

縮毛矯正前
縮毛矯正前

縮毛矯正はずっと残ります

縮毛矯正は一度すると、良くも悪くもずっとそのままの状態です。ピンピンな仕上がりならピンピンのまま、自然な仕上がりなら自然なままです。ヘアカラーやヘアケアが原因で傷んでしまいパサつくことはありますが、矯正自体が変化することはありません。

縮毛矯正前
縮毛矯正前

矯正とカラーは基本リタッチで

今日のお客様のヘアカラー(白髪染め)は、月に一度のペースでさせていただいています。もちろん毎月染めるのは根本の伸びてきた部分だけで、毛先まで全体に染めるのは3か月~4か月に一度と決めています。明るめのカラーがご希望ということと、毎回毛先まで染める程カラーの色落ちが激しいわけでもありません。色の落ち方がキレイに見えるようであれば薬剤を付けないに越したことはありません。

縮毛矯正前
縮毛矯正前

根本のクセをご覧ください、根元から7~8cmくらいはクセが伸びてきている状態です。強いうねりのせいでボリュームが出てしまいスタイリングがかなり大変そうです。どちらかというと髪はしっかりしていてクセも強いです。写真の1枚目と2枚目ではなんだか全体にクセが出ているように見えますが、根本のクセの影響で全体がもわっとして見えてしまいます。

縮毛矯正が先かヘアカラーが先か

先日ヘアカラーで根本のリタッチはさせていただいたばかりです。
縮毛矯正をする場合、「カラーと矯正どちらを先にした方が良いですか。」というご質問をいただきます。
どちらでも構いませんが、仕上がりを優先させたい方を後にしていただくか、ヘアカラーのリタッチのタイミングで矯正をかけられると、カラーの色落ちも気にすることなく矯正の仕上がりもキレイになります。

縮毛矯正後
縮毛矯正後

キレイに仕上がりました!矯正は根本の部分しかかけていません。毛先の矯正は残っているのでノータッチが一番です。

縮毛矯正後
縮毛矯正後

クセはトリートメントでは治りませんよ!

今日は集中トリートメントもしていません、サラサラ、ツヤツヤに仕上がってお客様も喜んでいただけて良かったです。
髪のパサつきや、まとまりの無さはサロンでトリートメントをすればどうにかなる!と思いがちですが、パサつく原因、まとまりにくい原因によってはトリートメントではなく矯正が適していることがよくあります。
とくに加齢によるクセは難しくて、今までクセを気にしたことがないので自分ではダメージが原因だと思い込んでしまうことが良くあります。
トリートメントで一時的にまとまりがでても一週間もすればまた扱いにくくなるので、その場合は矯正をかけた方が結果的に長持ちして効果的です。
クセ毛だけでなく、最近髪のまとまりが悪く感じる方もお気軽にご相談ください。

担当 三輪


gracia(グラシア)四日市|美容院・美容室
三重県四日市の美容院

この記事を書いた人