縮毛矯正をかけていていつも同じ髪型になる人


ヘアスタイル、いつも同じになってませんか?

よくあるパターンです!
本当は色々なヘアスタイルに挑戦してみたいけど美容師さんとの相談の結果、結局いつもの髪型になってしまう!
なぜでしょう?
[ロングヘアで重めのスタイル]から抜け出せない!
縮毛矯正の持ちを一番に考るとほぼ100%このスタイルに落ち着きます。
でも実際は飽きてますよね、いつも同じ髪型だと。
縮毛矯正していてもボブやショートボブのスタイルも作れます!だだ縮毛矯正の持ちが悪いのも事実です。
半年に一度の縮毛矯正だったのが3ヶ月に一度になったりすることはあります。
縮毛矯正が得意なスタイリストさんなら自然な丸みを残した ボブやミディアムスタイルも作ることができます。

縮毛矯正をしない選択もあります!

または思い切って縮毛矯正をかけることを辞めてみるのはいかがでしょう?クセの強さやクセ毛の種類によってはクセを活かしたスタイルも可能です。
くせ毛
縮毛矯正を辞めるときに一番大変なのは自分のクセ毛が伸びて来るのを待たないといけないことです。
縮毛矯正をかけた部分はその後も真っ直ぐのままなので、自分のクセ毛との共存は非常に難しく、自毛がある程度伸びてからショートボブやショートにカットすることになります。クセ毛を活かしやすいのはボブやショートです。

自毛を伸ばしている間はストレートアイロンでクセ毛の部分を伸ばしたり、ヘアアレンジしてクセをごまかすことも必要になってきます。

きちんと担当のスタイリストさんと計画を立てて、伸ばし中のクセ毛部分のスタイリング方法や自分のクセ毛を活かすスタイリングのポイントなどを教えてもらいながら準備してはいかがですか?
縮毛矯正をかけないメリット、デメリットを理解した上であればチャレンジしても良いと思います

試してみてやっぱり縮毛矯正でクセを伸ばしたスタイルの方が自分に合っていると思ったらまたかければ大丈夫です。

投稿者 三輪

こちらの記事もご覧ください



髪質は年齢と共に変化します

クリスタルカラー

いままでと同じように手入れしているのに髪がまとまりにくい、扱いづらいと思うことはありませんか?

髪質は年齢と共に変化するものです

代表的な変化は
・白髪がではじめた
・ツヤが出ない
・まとまらない
・乾燥する
・ボリュームが出ない
・髪が細くなった
・うねりが出てきた
・髪一本一本がデコボコしている
etc….

髪の質が変われば当然お手入れの方法を変える必要があります。
ドライヤーのかけ方を変える、シャンプーやスタイリング剤を変えるのも効果があるかもしれません。
それと同時にヘアカラーやパーマも髪にできるだけ負担をかけない方法を選ぶべきではないでしょうか?
クリスタルカラー

いままでくせ毛だと思っていなかったのになんだかまとまりが悪い気がする。
【フォルムコントロール+カット】¥12.000~がおススメです。
髪をまとまりやすくして、毎朝のスタイリングがとても簡単になります。
ヘアカラーの繰り返しで髪のダメージ、パサつきが気になる、ツヤが出にくくなった。
【クリスタルカラー】¥6.000~がおススメです。
新しく伸びてきたところはしっかり白髪をカバーして、毛先の部分の髪にはとにかく優しい処方です。
些細なことでも結構ですのでご相談下さい。
クリスタルカラー

初回お試しメニューがございます


アクセス


縮毛矯正したい!けどしたくない人

くせ毛

縮毛矯正したくない理由

くせ毛、ボリュームが多い、扱いづらいから縮毛矯正をかけて悩みから解放されたい!けどペタンコ、ツンツン、髪のダメージが気になるからしたくない。
このお悩みは本当に多いです!縮毛矯正をしたことがある人の大半はこんなことを思ったことがあるのではないでしょうか?
縮毛矯正
縮毛矯正とくせ毛に関するお悩みは簡単には解決出来ません。ひとつの原因だけではなく複数の原因が絡み合って問題になっていることが多いので。
でもひとつずつ問題を解決していくことであなたの理想のヘアスタイルに近づきます。
縮毛矯正の悩み

トップがペタンコ

クセの強さにもよりますが根本付近は縮毛矯正をかけないという方法があります。必要に応じてクセをしっかりと伸ばす部分とボリュームを残す部分のメリハリをつけることによって自然な仕上がりになります。

毛先と前髪がツンツン

これも仕上がりの印象に大きく影響するところです。前髪のクセが弱ければいっそのこと縮毛矯正はかけない、あるいはかけるけどできだけ丸く仕上げる(クセの強さや髪の長さにより可能)。
毛先のツンツンはカットの方法と組み合わせて考えます。

髪のダメージ

ダメージに関しては負担のかからないヘアカラーやパーマがないのと同じで縮毛矯正も必ず髪の負担になります。何度も同じところへ薬剤を付けない!この一点に限ります。縮毛矯正をするのは伸びてきたところだけ、以前に縮毛矯正してある部分は薬剤は付けません。

縮毛矯正に関する問題を担当させて頂く美容師と一緒に、一つずつ解決していくことであなたの理想のヘアスタイルに近づいていきます。クセ毛や髪のダメージでお困りでしたらご相談下さい。

初回お試しメニューがございます


こちらの記事もご覧ください


毛先だけハネるのが気になる

after

真っ直ぐなんだけど毛先だけいつもハネる。なんとなくうねる。何か膨らむ気がする。他人には分からない、クセ毛というほどでもない、でもやっぱり気になる。今日はそんなお悩みをお持ちのYさんです。

befor
befor

僕「何か毛先だけハネてますね。」

Yさん「そう!後ろと右側だけいつもハネるんです!何でですかね?」

僕「何ででしょうね?でもこれはクセ毛というほどでもない、ほぼストレートなクセ毛ですね。一番対処に困るクセ毛です。だってクセが弱すぎてストレートパーマする必要無いですもんね。ブローしてもダメですか?」

Yさん「ちゃんとブローしても直らないんですよ?特に右側!」

僕「やっぱり一応クセ毛なんでしょうね。ただハネるだけなんだけど、ガンコにハネる。でも安心してください、実はYさんにぴったりのメニューがここにあります(^^)ストレートパーマほど強力なものではありません。かと言ってトリートメントでもありません。髪にかかる負担はゼロでは無いですが、ハネるのが収まって見た目の艶がきれいに出ます。」

Yさん「やります!」

after
after

僕「収まりましたね。」
Yさん「収まりましたね!」
僕「もうブローしなくていいですよ、乾かすだけで大丈夫だったでしょ?」
Yさん「ですね!」

担当  三輪

フォルムコントロール(カット込み)
¥12000(長さ料金、消費税別)


アクセス


髪、伸ばします!

after

現在髪を伸ばしている途中のTさん。
本日のメニューはヘアカラーとトリートメントがメインでカットは微調整です。
カラー前のカウンセリングはこんな感じでした。

僕「今日はどんな感じにしますか?」

Tさん「インナーカラーしようかな?」

僕「もしかしてインナーカラーって、髪の内側だけハイトーンカラーで染めてチラリと見える感じがお洒落なインナーカラー?」

Tさん「そうです….。でも今は髪の毛伸ばしてる途中なのでブリーチ無しでインナーカラーってできます?」

(ダメージが気になるので)

僕「ブリーチ無しでインナーカラーは出来るけど、アウター(インナーカラーじゃないところ)は今より暗い仕上がりになっちゃいますよ。」

(通常はインナー部分にブリーチをして、かなり明るくしてからもう一度ヘアカラーで希望の色を出します。
ブリーチ無しで明るさの差を作ろうとするとアウターを暗くするしかないわけです。)

Tさん「それはちょっと….。暗いのは似合わない気がするので、じゃあ今回は普通に染めます。

僕「そうですねぇ、髪を伸ばすのならそれが一番いいでしょう!」

Tさん「あっ!!じゃあ肩下まで伸ばしてからブリーチでインナーカラーします!そのあと傷んだら切ればいいから!」

「それは良いけど伸ばす目的が変わってますね(笑)」

after
after

本当に伸ばしたい!けどいつも切っちゃう人は

髪を伸ばす場合は、どこまで伸ばすか、どのようなヘアスタイルにしたいかを出来るだけ明確にしていただいた方が挫折せずにすみます。

ゴールまであと10㎝でしたら、最短で10ヶ月前後伸ばすことになります。ゴールまでの間に飽きることなく、嫌になることなく伸ばしたいですね。

伸ばしている途中のヘアスタイルやスタイリングの方法も始めの段階でお伝えさせていただき、イメージをもっていただきます。計画を立てておけばどの段階が大変で、どれ位頑張れば良いのか分かるので安心です。
途中で気が変わることはよくありますのでそれはそれで。

担当  三輪

こちらの記事もご覧ください


初回お試しメニューがございます

アクセス