梅雨前に縮毛矯正、年間での周期とタイミング

縮毛矯正

今年の梅雨入りは例年よりも少し早いかもという予報を聞きました。6月8日から7月21日ころまでが平年の梅雨時期です。

湿気や汗でクセが出やすいのは6月の梅雨入りから9月の残暑の頃です。縮毛矯正をかけるタイミングで外せないのは梅雨入り前のいまですよ 😀 

年に一度のお客様は6月。二度のお客様は6月と12月。三度のお客様は6月、10月、2月。6月を基準にしていただければ一番クセの出やすい時期をカバーすることが出来ます。

縮毛矯正 befor
縮毛矯正 befor
縮毛矯正  after
縮毛矯正 after

初回お試しメニューがございます


アクセス


縮毛矯正をかけていていつも同じ髪型になる人


ヘアスタイル、いつも同じになってませんか?

よくあるパターンです!
本当は色々なヘアスタイルに挑戦してみたいけど美容師さんとの相談の結果、結局いつもの髪型になってしまう!
なぜでしょう?
[ロングヘアで重めのスタイル]から抜け出せない!
縮毛矯正の持ちを一番に考るとほぼ100%このスタイルに落ち着きます。
でも実際は飽きてますよね、いつも同じ髪型だと。
縮毛矯正していてもボブやショートボブのスタイルも作れます!だだ縮毛矯正の持ちが悪いのも事実です。
半年に一度の縮毛矯正だったのが3ヶ月に一度になったりすることはあります。
縮毛矯正が得意なスタイリストさんなら自然な丸みを残した ボブやミディアムスタイルも作ることができます。

縮毛矯正をしない選択もあります!

または思い切って縮毛矯正をかけることを辞めてみるのはいかがでしょう?クセの強さやクセ毛の種類によってはクセを活かしたスタイルも可能です。
くせ毛
縮毛矯正を辞めるときに一番大変なのは自分のクセ毛が伸びて来るのを待たないといけないことです。
縮毛矯正をかけた部分はその後も真っ直ぐのままなので、自分のクセ毛との共存は非常に難しく、自毛がある程度伸びてからショートボブやショートにカットすることになります。クセ毛を活かしやすいのはボブやショートです。

自毛を伸ばしている間はストレートアイロンでクセ毛の部分を伸ばしたり、ヘアアレンジしてクセをごまかすことも必要になってきます。

きちんと担当のスタイリストさんと計画を立てて、伸ばし中のクセ毛部分のスタイリング方法や自分のクセ毛を活かすスタイリングのポイントなどを教えてもらいながら準備してはいかがですか?
縮毛矯正をかけないメリット、デメリットを理解した上であればチャレンジしても良いと思います

試してみてやっぱり縮毛矯正でクセを伸ばしたスタイルの方が自分に合っていると思ったらまたかければ大丈夫です。

投稿者 三輪

こちらの記事もご覧ください



髪質は年齢と共に変化します

クリスタルカラー

いままでと同じように手入れしているのに髪がまとまりにくい、扱いづらいと思うことはありませんか?

髪質は年齢と共に変化するものです

代表的な変化は
・白髪がではじめた
・ツヤが出ない
・まとまらない
・乾燥する
・ボリュームが出ない
・髪が細くなった
・うねりが出てきた
・髪一本一本がデコボコしている
etc….

髪の質が変われば当然お手入れの方法を変える必要があります。
ドライヤーのかけ方を変える、シャンプーやスタイリング剤を変えるのも効果があるかもしれません。
それと同時にヘアカラーやパーマも髪にできるだけ負担をかけない方法を選ぶべきではないでしょうか?
クリスタルカラー

いままでくせ毛だと思っていなかったのになんだかまとまりが悪い気がする。
【フォルムコントロール+カット】¥12.000~がおススメです。
髪をまとまりやすくして、毎朝のスタイリングがとても簡単になります。
ヘアカラーの繰り返しで髪のダメージ、パサつきが気になる、ツヤが出にくくなった。
【クリスタルカラー】¥6.000~がおススメです。
新しく伸びてきたところはしっかり白髪をカバーして、毛先の部分の髪にはとにかく優しい処方です。
些細なことでも結構ですのでご相談下さい。
クリスタルカラー

初回お試しメニューがございます


アクセス