graciaオリジナル髪質改善縮毛矯正

髪質に合わせられる、オリジナル髪質改善縮毛矯正

この記事をみつけてくれたあなたは、ご自分の髪に何かしらのお悩みを持っていらっしるのではないでしょうか?

まとまりにくい?広がる?パサパサする?ガサガサ?プチプチ切れる?

ひとつ位は当てはまりましたか?

ひとつでもふたつでも構いません、ちょとでも引っかかるお悩みがあればこのまま読んでみてください。

一体どうすれば、サラサラのツヤツヤでツルツルの髪になれるのか?

これはあなたにとって大変な悩みだと思います。そして私たち美容師とってもじつは大変な悩みです。

何か魔法のような薬を付けて、サラサラ、ツルツルになれば誰も悩む必要もありません。

サッとつけてパッとキレイになる、そんな薬があればみんな幸せです。

でも残念ながらいまのところ、そのようなものはないようです。

ですから、地道に髪がまとまらない原因を探ります。

癖毛でしょうか?薬剤でのダメージ?熱でのダメージ?エイジング?それとも全部?他にも原因は考えられます。

原因が絞り込めれば対策を立てられます。

サロンでどのメニューが必要か?その効果を持続させるにためにお家でのケアは何を気を付けていただくか?次回はいつ、何をすれば髪がより良くなるか?

できるだけ具体的にご提案をさせていただきます。

ここからが本題です。

縮毛矯正(ストレート)と髪質改善の違いってよく分からないですよね?
それぞれの違いを比較してみました。

縮毛矯正、髪質改善トリートメント、ストレートの違いって?

1. 目的:

  • 縮毛矯正: 癖を取り、髪をストレートに整えることが主な目的。広がりやまとまりを向上させ、ツヤを出すことも重要な要素。
  • 髪質改善: 加齢によるうねりや、ダメージによるパサつきなど、髪質の悩みを解決することが主な目的。髪を健康な状態へ近づけ、まとまりやツヤを向上させる。

2. 対象となる悩み:

  • 縮毛矯正: 癖が強く、まとまりにくい髪質に対する施術。ストレートにすることで髪がまとまり、手触りがよくなる。
  • 髪質改善: 年齢やダメージによる広がりやまとまりの悪さ、ツヤの減少など、様々な髪質の悩みに対応。髪の内部からの補修に焦点を当てる。

3. 施術方法:

  • 縮毛矯正: 還元剤を使用し、髪の結合を変化させて癖を取る。アイロンやブローで髪を整える。
  • 髪質改善: トリートメントや補修成分を使用し、髪の内部に栄養を与えながら補修。アイロンんやドライヤーの熱を利用して成分を定着させる。

4. 持続期間:

  • 縮毛矯正: 矯正後、新しく伸びてきた部分は癖の状態で伸びてくる。癖が強いと3ヵ月ほど、弱い癖で半年から1年程度で根本の癖が気になる。
  • 髪質改善: ダメージの状態により持続期間は変わる。定期的なケア、適切なホームケアにより持続期間が伸びる。1ヵ月から3ヵ月の周期で行うことが多い。

5. 対象層:

  • 縮毛矯正: 主に癖毛やまとまりにくい髪質に悩む方。ストレートヘアを希望する方。
  • 髪質改善: 幅広い髪質の方が対象。特に加齢やダメージによる髪質の変化を感じている方。

違いは何となく分かりましたか?

正直、この記事を書いている私もこんがらがってしまう内容です。
結局どちらか一方をするというより髪の状態に合わせてどっちの要素も必要な髪質のお客様がほとんどです。

グラシアのオリジナル髪質改善縮毛矯正は、これらの要素を同時に考慮し、お客様の理想の髪質に近づくように構成しています。

トリートメントベースの薬剤で髪質に合わせたアプローチ

グラシアではトリートメントベースの薬剤に還元剤(癖を取る成分)を調整して使用しています。縮毛矯正と髪質改善トリートメントを別々のものとして考えず、癖の強さや取りにくさに応じてアプローチします。

  • 癖が強い部分: トリートメントに還元剤を追加して癖をとることをメインに考える
  • 癖が弱い部分、ダメージがある部分: 髪質改善トリートメントをメインに考え、ダメージの状態に合わせてトリートメント成分の種類と濃度を調整することでご希望に沿った仕上がりへ近づけやすくなります。必要であれば還元剤を調節して加える。

薬剤の強さは単純に強い、弱い、だけでなく還元剤の種類、濃度、pHのバランスを考慮することで髪質に合わせた対応ができるようになります。

初めてのお客様へ
お試しセットメニューがございます。

縮毛矯正後縮毛矯正 after縮毛矯正後縮毛矯正後afterOさんビカク後

お客様の事例

ご来店頂いているお客様のスタイルやお悩みのご紹介です。どうぞご覧ください。

アクセス