ボブと縮毛矯正の相性


縮毛矯正とボブスタイルについて

縮毛矯正のスタイルでイメージするのはサラサラのロングヘアでしょうか?
一般的に縮毛矯正をかけた髪はロングなほど矯正が長持ちします。
クセのウェーブが髪の重みで引っ張られる為です。

肩上のボブでは間違いなくロングに比べて持ちは悪いでしょう。
でも、「いつもロングだと飽きるからボブにしたいんです。」
そういうお客さんが多いんです。

ボブ+縮毛矯正の不安要素

・持ちが悪い
・毛先パッツンパッツンの市松人形みたいになりそう

持ちは悪いです。ロングが半年持つならボブだと3ヶ月が限度です。

毛先ピンピンは不自然です。
自然な内巻きになるようにカットして矯正をかけます。

持ちが悪いのを理解して頂いた上でボブに縮毛矯正かけさせていただきます。

>>自然な縮毛矯正「ビカクストレート」<<

ボブに矯正のお客様

肩下ボブから肩上ボブのパターンです。
前回の矯正は去年の11月頃、約9か月ぶりの矯正です。
これは、、、、、期間を空けすぎです。

肩下ボブ
中のクセ

ウエットの状態で分かりにくいですが、うねって裾が広がるクセ毛です。
ここ最近は毎朝ストレートアイロンでクセと格闘していた模様。
目標は朝のお手入れを限りなく簡単に、秒単位での短縮を目指しました。

ビカクボブ

自然な丸みも出て中のクセもスッキリ取れました。

中のクセ取れた

「朝ラクそ~⤴」いただきました。
今度は3ヶ月以内にきてくださいね!!

コチラの記事もあわせてご覧ください。
>>超ロングヘアの縮毛矯正<<
>>傷んだ髪にも縮毛矯正はできますか?<<

初回お試しメニューございます。
>>初めてのお客様へ<<


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です