そのくせ毛、縮毛矯正しますか?活かしますか?


くせ毛を活かすか、矯正するか?
くせ毛の人にとってはとても大きな悩みです

くせ毛の悩み
・ボリュームが出すぎる
・ツヤが出ない
・スタイリングが崩れやすい
・あだ名が天パ
etc….

クセの強さは人それぞれですし、部分によってクセの強さや出方が違います。
もともとストレートヘアの人にはこの悩みはきっと理解できないと思います。
ストレートの方は「パーマをかけなくてもいいから羨ましい」とか
気軽に「くせを活かせばいい」と言われることがあります。
でもくせ毛はそんなに都合のいいものではありませんよね。
欲しいところにカールやウェーブがあるわけでもトップだけにボリュームが出るわけでもありません。
むしろ、うねりやボリュームはいらないところほど気になります。

更には気候や湿度の変化にも左右されるので、毎日クセの具合が変わります。

癖毛を活かしやすい人

くせ毛を活かす上で大切なことは、毎朝のスタイリングのひと手間と、上手なカットです。
朝起きてコームや手ぐしで髪をとかすだけではクセを活かしたスタイリングはできませんよ?
かといって難しいことをするわけではありません。
ロングヘアやボブであれば霧吹きで髪を濡らしてムースを揉みこむ。とか
顔周りだけストレートアイロンで伸ばす。など
ショートヘアなら全体を濡らしてワックスやムースを揉みこむ。
これらができる人は癖を活かす素質が十分にあります。
思い通りにスタイリングするには多少の練習が必要です。
どんなに上手にカットされていても何もせずに出来上がり、ということは残念ながらありえません。
もちろんクセの強さや形状も関係します。
クセが強ければそれだけスタイリングに制限がつきます。
スタイルに合わせたスタイリング剤を選び、
手間暇さえかければ大抵のクセ毛は活かすことができるはずです。

そんな手間は掛けられない!朝は1分1秒も無駄にできないと思ったあなたには

癖毛を矯正すること、つまり縮毛矯正をおすすめします

縮毛矯正をする目的はいくつかあると思います。

・出すぎるボリュームを抑えたい
・湿気でスタイリングが持たない
・朝は髪をセットする時間がない
・ストレートヘアが好き

これら全て縮毛矯正で解決することが出来ます。
クセ毛をどうしても上手く扱えず、毎朝のスタイリングが苦痛な場合は縮毛矯正はとても有効な手段です。
ただし、縮毛矯正のデメリットも併せて知っておくことが重要です。

・髪に負担がかかる
・縮毛矯正をした部分はずっと真っ直ぐのまま
・伸びてきた部分はクセが出る
・ブリーチ毛などすでに過度な負荷がかかっている髪にはできない

縮毛矯正を繰り返し行う場合、基本的にすでに矯正を行った部分へ何度も薬剤を付ける必要はありません。
ダメージを積み重ねてしまうことになります。
縮毛矯正と上手に付き合うコツは、ダメージを管理することです。
次回や次々回までの計画を立てて行うことで余分な負担を髪にかけずに済みます。
またヘアカラーもしている場合は、矯正とカラーを行うタイミングも調整します。
美容師さんと相談して快適に過ごせる最適なタイミングを見つけてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です